MENU

ホワイトニングをしたら歯がしみるけど知覚過敏になったの?

ホワイトニングをしたら、歯がしみるようになったという方がおられます。

 

 

確かに、ホワイトニングと知覚過敏は関係がありますが、ホワイトニングをしたからというわけではありません。

 

 

では、なぜ知覚過敏になることがあるのでしょうか。

 

 

歯の元の状態が原因

 

 

ホワイトニングをする前に、歯医者さんでは歯の状態をしっかりチェックします。歯の表面がひび割れていたり、虫歯があったりする時は、それを治療してからホワイトニングを行ないます。

 

 

異常があるままホワイトニングをすると、知覚過敏になる可能性が高くなるからです。

 

 

ホワイトニングは過酸化水素という少し強い薬剤を使って白くするため、歯のひびや虫歯の部分に入り込むと、歯の神経が刺激され、知覚過敏になるのです。

 

 

それで、ホワイトニング自体が原因ではなく、歯の元々の状態により、知覚過敏を起こしてしまうというわけです。

 

 

歯医者さんで行う場合は、歯の状態を見てくれるので安心ですが、自分でホワイトニングをする場合は、歯の状態を判断しにくいので注意が必要ですね。

 

 

トップに戻る