MENU

差し歯だけど歯を白くする方法ってある?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

本物の歯だけではなく差し歯が着色することもありますよね。

 

 

差し歯というのはどちらかというと本物の歯よりも着色しやすい性質を持っています。

 

 

ですので差し歯を入れて数年も経つと少しずつ元の白さを失っていきます。では着色や変色してしまった差し歯を白くする方法というのはあるのでしょうか。

 

 

差し歯にホワイトニング剤を使っても意味がない!?

 

 

差し歯と本物の歯との大きな違いは生きているかどうかです。実は私たちのお口の中に生えている歯というのは皮膚や粘膜と同様に生きています。

 

 

そのためホワイトニング剤を作用させることで歯を白く作り変えることができるのです。

 

 

けれども当然のことながら差し歯というのは生きていません。

 

 

人工の材料でもって作り上げた歯ですので神経や血管から栄養をもらうこともないのです。ですからホワイトニング剤を作用させても白くすることはできません。

 

 

ではどうしたら着色した差し歯を綺麗にすることができるのでしょうか。

 

 

差し歯を白くする方法としては差し歯の表面に付着した汚れを落とす程度のことしかできません。ただ最も有効な手段として差し歯を作成し直すという方法を挙げることができます。

 

 

逆に言えば差し歯を白く綺麗にするにはこの方法しかないのです。そのため差し歯が汚れないよう毎日きちんと歯磨きをする必要があります。

 

 

どうしても差し歯を白くしたいと言うのであればホワイトニング歯磨き粉などを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

実際に試してその効果を検証したのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 薬用オーラパールの効果は本当なのか?実際に使って検証(画像あり)

 

 

トップに戻る