MENU

ホワイトニング歯磨き粉は知覚過敏になるって本当?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

皆さんは「知覚過敏」という言葉をご存知でしょうか。

 

 

冷たいものや熱いものを食べた際に歯がしみやすくなる現象のことでもしかしたら一度は経験したことがあるかもしれませんね。

 

 

この知覚過敏という症状ですがホワイトニング歯磨き粉を使っていても起こることがたまにあるのです。

 

 

歯の表面に傷をつけるって本当?

 

 

知覚過敏というのは外からの刺激を歯の中心にある神経が感じ取っているものです。

 

 

ですから本来であれば歯の神経はエナメル質と象牙質によって守られているので知覚過敏を起こすようなことはまずありません。

 

 

けれどもホワイトニング歯磨き粉を使用しすぎると歯の表面が削れていってしまいます。

 

 

すると歯の表面から歯の神経までの距離が近づいてしまったりブラッシングによって出来た傷から刺激が伝わるなどして知覚過敏を起こすようになってしまうのです。

 

 

歯というのはとても硬い組織として有名ですが研磨剤が沢山含まれているホワイトニング歯磨き粉で毎日ゴシゴシと強く磨いていると意外に簡単に傷ついてしまいます。

 

 

ですから歯を白くしたいという一心でブラッシングを過剰に行うのは控えましょう。

 

 

もちろんホワイトニング歯磨き粉で歯を白くすることは虫歯予防にもつながることなのでとても良いことです。

 

 

けれども磨き過ぎは知覚過敏などの異常を引き起こしかねませんので注意が必要です。

 

 

ただ最近は研磨剤の入っていない薬用ホワイトニング歯磨き粉なども販売されています。歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉についても書いているのでそちらも参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉は?

 

 

トップに戻る