MENU

歯科でホワイトニングをする時のデメリットは?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

歯のホワイトニング治療を受ければ白くて綺麗な歯を手に入れることができます。

 

 

口元が美しくなると笑顔に自信が出てきて沢山笑うようになります。

 

 

すると毎日の生活も楽しくなってくることでしょう。

 

 

このようにホワイトニングはメリットばかりが目立ちますが果たしてデメリットはないのでしょうか。

 

 

ホワイトニングのデメリットは?

 

 

歯科でホワイトニング治療を受けると保険が適用されません。そのため治療費は全額自己負担となりそれなりの出費を覚悟しなければならないのです。

 

 

もちろん数十万や数百万といった金額ではありませんが通常の歯科治療と比べるとかなり高額となります。これはホワイトニング治療のひとつのデメリットと言えるでしょう。

 

 

その他には患者さんの歯の状態や治療を施す歯科医師の技量によってはホワイトニング処置後に知覚過敏などの症状がでることがあります。

 

 

ホワイトニング治療に用いられる薬剤は歯に亀裂などがあると知覚過敏を引き起こすような性質があるのです。

 

 

また使用方法を誤ると歯が不自然な白さになってしまうこともあり得ます。

 

 

このように歯科でのホワイトニング治療にも幾つかデメリットはありますがきちんとした歯科クリニックであればそうしたトラブルを未然に防ぐことは可能です。

 

 

高額な治療費に関しては医院によって多少の違いはあっても避けることのできないデメリットと言えます。

 

 

どうしても安く歯を白くしたいと考えているのであればホワイトニング歯磨き粉などを使うのも良いかもしれません。

 

 

歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉についても書いているのでそちらも参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉は?

 

 

トップに戻る