MENU

神経を抜いた歯を白くする方法ってある?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

歯の神経が死んでしまったり治療の過程で抜いてしまうと歯が黒ずんでくることがあります。

 

 

これは一般的な歯の着色とは異なり内側から歯の色が変わってきています。

 

 

ですので市販のホワイトニング歯磨き粉はもちろんのこと歯のクリーニングやホワイトニング治療なども効果がありません。

 

 

では神経がなくなった歯を白くする方法は存在していないのでしょうか?

 

 

歯を内側から漂白する!

 

 

実は歯医者さんの治療の中には神経がなくなった歯を白くする方法があります。

 

 

これをウォーキングブリーチ法と言います。

 

 

一般的なホワイトニング治療は歯の表面にホワイトニング剤を塗布して歯を白くしますよね。これは歯が表面から着色なり変色しているからです。

 

 

その一方で神経を抜いた歯というのは外側からではなく内側から色が変わっていきます。ですから通常のホワイトニング処置を施してもほとんど意味がありません。

 

 

また神経を抜いている歯は事実上死んでしまっているので表面からホワイトニング剤を作用させても反応しなくなっています。

 

 

そこで歯を内側から漂白するウォーキングブリーチ法が適用されるのです。

 

 

この方法を用いれば神経が死んでしまった歯であってもある程度歯を白くすることが可能です。ただし患者さんによっては効果が得られないこともありますので注意が必要です。

 

 

どうしても安く歯を白くしたいのであれば歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉などをとりあえず試して見ても良いかもしれません。

 

 

ただしあまり効果は期待できませんので確実に神経の死んだ歯を白くしたいのであれば歯医者さんでやってもらうのが一番ですよ。

 

⇒ 歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉は?

 

 

トップに戻る