MENU

歯の色が黒い気がするけど何で?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

歯の色が黒く見えるのには色々な理由があります。

 

 

まずタバコのヤニやお茶の渋などによる着色ですね。ヤニや渋などはそれ自体が色を持っていますよね。

 

 

ですので習慣的にタバコを吸っていたりお茶を飲んでいたりするとその色が歯に付着してしまうのです。

 

 

それから歯石が沈着することで歯が黒く見える場合もあります。

 

 

歯石はもともと白い色をしていますがそこに先ほど挙げたようなヤニや渋などの物質が付着して結果的に黒く見せることがあります。

 

 

また虫歯になった際にも歯が黒く見えることがあります。

 

 

虫歯に関しても虫歯菌によって溶かされた歯質に着色性の物質が沈着することで歯が黒ずんでいくと考えられます。

 

 

このように歯の色が黒く見えるのは基本的には食べ物や飲み物が原因となっていると言えます。

 

 

飲食物以外の理由について

 

 

食べ物や飲み物以外では歯の神経が死んだ際に歯が黒くなることがあります。これはとても厄介なケースでそう簡単には歯を白くすることができません。

 

 

その他には薬剤による影響で歯が黒くなることもあります。こうしたケースも単に服用していた薬剤をやめるだけでは歯が白くならないので厄介であると言えます。

 

 

このように歯が黒くなる理由は様々です。

 

 

最近は研磨剤の入っていない薬用ホワイトニング歯磨き粉なども販売されています。そのようなホワイトニング効果のある歯磨き粉をを使うことで歯を白くすることもできます。

 

 

歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉についても書いているのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉は?

 

 

トップに戻る