MENU

歯に黒い点のようなものがあるけどコレって何?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

歯の表面に黒い点のようなものが見られたら要注意です。

 

 

もしもそれが歯ブラシや手で擦することで容易に落ちるのであれば問題ありません。

 

 

けれどもゴシゴシと磨いてみても黒い汚れが落ちない場合は2つの可能性が考えられます。

 

 

黒い点は着色か虫歯!

 

 

まず1つ目は歯の着色ですね。何か着色性の物質が歯の表面に付着して歯を黒く見せているのです。

 

 

ただ着色の場合はそうして黒い点として現れることは少なくどちらかと言うと広い範囲に現れることが多いです。

 

 

ですから黒い点が現れたら2つ目の可能性である虫歯を考えた方が良いかと思います。

 

 

まだそれほど進行していない虫歯であれば歯の表面が少しだけ溶けています。つまり歯に小さな穴が開いているのです。

 

 

その穴に汚れなどが溜まると黒い点として現れることがよくあります。そういったことから歯に黒い点が現れたらまずそれを自力で落とせるかどうかを試してみてください。

 

 

もしもブラッシングなどで落とせないようであれば専門家の力が必要になります。歯医者さんに行って早目に処置を受けましょう。

 

 

この程度のむし歯であればとても簡単に治療することができます。ただそのまま放置するとあっという間に穴が広がっていってしまいますので注意が必要です。

 

 

どうしても歯医者に行く時間が無いという方もいらっしゃると思います。そのような方は薬用オーラパールを使ってみるのも良いかもしれません。

 

 

薬用オーラパールに含まれているナノ粒子ハイドロキシアパタイトという成分は歯の細かい傷を修復しれくれます。初期の虫歯であれば修復可能と言われているので試してみても良いかもしれません。

 

⇒ 薬用オーラパール公式サイトはこちら

 

 

トップに戻る