MENU

リステリンで歯を白くすることってできるの?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

日々のオーラルケアにリステリンを使用されている方も多いかと思います。

 

 

リステリンはドラッグストアでも手に入りますし手軽にお口の中を清潔に保つことができます。

 

 

ではこのリステリンには歯を白くする効果というものがあるのでしょうか。

 

 

リステリンのホワイトニング効果は?

 

 

リステリンというのは基本的にお口の中の細菌などを減らす働きを持っています。お口の中の細菌は口臭の原因になったり虫歯の原因になることもあります。

 

 

ですからリステリンを使って毎日お口の中の細菌の数を減らしておけばそういったトラブルを未然に防ぐことができるのです。

 

 

けれども歯を白くするホワイトニング効果についてはないものとお考えください。

 

 

そもそもリステリンにはホワイトニング成分が含まれていません。ですからいくらリステリンを使っても歯は白くなりません。

 

 

ただし歯面い汚れが付きにくくなるという点では歯の着色をある程度予防することができます。ですのでそうった意味では間接的に歯を白くする効果があるとも言えます。

 

 

またリステリンを使うことはお口全体の健康にとってとても良いことなので毎日の歯磨きの際に使用することをお勧めします。

 

 

安く歯を白くしたいと考えているのであればホワイトニング歯磨き粉などがオススメです。歯科医の卵デンタル君が使っているホワイトニング歯磨き粉についても書いているのでそちらも参考にしてみると良いですよ。

 

⇒ 歯科医の卵デンタル君がおすすめするホワイトニング歯磨き粉は?

 

 

トップに戻る