MENU

レモンで歯を白くすることができるって本当?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

レモンが歯を白くすることができる、と聞いたことがありますか?

 

 

もし本当なら、レモン果汁やレモン味の食べ物なども歯を白くすることができるのでしょうか?

 

 

結輪から言うと、レモンが歯を白くすることはできません。

 

 

レモン果汁やレモン味の食べ物なども、歯を白くする効果は全くありません。レモンは酸性の食べ物なので、多く食べすぎると虫歯になってしまいます。ではなぜレモンが歯を白くする、などと言われるのでしょうか?

 

 

実は虫歯が形成されていく過程の中で、歯は本来の色よりいったん白くなるのです。

 

 

虫歯の初期段階を歯の脱灰化といって、歯の表面がザラザラに、またもろく削れやすい状態になります。この時、今までギュッと凝縮されて詰まっていた歯の質が少なくなってスカスカになっているので、見た目は歯の色が薄くなっています。これは歯の色が白くなって見える原因です。

 

 

何かを食べて歯が白くなっていくと感じるのは、それだけ歯がダメージを受けている証拠です。さらに脱灰化はあくまで一時的です。脱灰化している歯はすぐに黒い虫歯になり、あっという間に虫歯が進行してしまいます。

 

 

歯を劇的に白くする食べ物はありません。普段の食事で何を食べるにしても、虫歯になってしまう前に、食べた後はよく歯を磨いておきましょう。

 

 

歯の脱灰化によって歯が白くなっている人の歯はザラザラしていてつやもありませんので、美しく輝く歯には程遠く、歯にとっても不衛生で、不健康です。

 

 

トップに戻る