MENU

妊婦が自宅でホワイトニングをやる時の注意点は?

サイト運営者の歯科医の卵のデンタル君です。サイトを訪問して頂きありがとうございます。

 

 

ホワイトニングは比較的安全性が高いと言われていますが、それでも全く安全という訳ではありません。

 

 

自宅でホワイトニングをする時の注意点はいくつかあるのですが、妊婦が特に注意するべきポイントは何でしょうか?

 

 

まず妊婦が自宅でホワイトニングをする場合は歯科医師に相談し、自宅でホワイトニングをしてもいいか尋ねて下さい。

 

 

歯科医師がホワイトニングをしてもいいと判断したなら、決められた薬剤の用量や使用頻度などを必ず守って、ホワイトニングを行って下さい。

 

 

もし妊娠中にホワイトニングするとしても、妊娠していない時と同様に行うでしょう。

 

 

妊娠前に自宅でホワイトニングをしたことがある人なら、妊娠中も自宅でのホワイトニングに関して医師から与えられる指導の内容に大きな変化はないと思います。

 

 

ただでさえ妊娠中はホルモン分泌の関係で歯肉が腫れたりしやすいです。

 

 

それに妊婦であるかどうかに関わらず、ホワイトニング薬剤が歯肉にふれて歯肉が痛くなる、という人も少なからずいます。妊婦の口の中の状態は不安定で、外からの影響を受けやすいです。

 

 

普段より炎症など起こりやすいというリスクが高い時に、自分の不注意で、間違った方法で薬を使ってしまうなら、ホワイトニング後に歯肉が痛くなるなどの悪い結果を招きかねません。

 

 

妊婦は決して自分で勝手にホワイトニングしないで下さい。またホワイトニングは毎日の歯磨きの代わりにはなりません。自分でのデンタルケアもしっかり続けて下さいね。

 

 

妊娠中は歯周病にもかかりやすくなります。なので歯周病予防のために歯磨きをしっかり行うことが重要です。

 

 

歯をしろくしたいと考えている妊婦さんにオススメの歯磨き粉というのもあります。それが薬用オーラパールです。

 

 

オーラパールならホワイトニング効果と歯周病予防が同時に可能です。詳しくはこちらに書いているので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

⇒ 薬用オーラパールの効果は本当なのか?実際に使って検証(画像あり)

 

 

トップに戻る